When it comes to Ryukyu lacquerware, Okinawan traditional crafts, come to RYUKYU KAKUMAN LACQUERWARE in Naha


The oldest store in Ryukyu, RYUKYU KAKUMAN LACQUERWARE is a long-established store

Kakuman Lacquerware Ryukyu  Lacquerware Store Information gallery info Internet Shopping
Sitemap
Top page > Ryukyu Lacquerware > Material for Ryukyu Lacquerware
Ryukyu Lacquerware
Material for Ryukyu Lacquerware
デイゴの花、シタマキ Prefectural flower “Deigo Coral Tree“, “Shimataki (Japanese snowbell)”, and “Sendan (Chinaberry)” are often used as timber for Ryukyu lacquerware. Characteristics of these timbers are that they have relatively few cracks and shrinkage after drying. The lacquerware culture prospered because Okinawa was blessed with the right climate and materials.

“Deigo Coral Tree” is best suited for a large container used for imperial cuisine such as Toundabon and Jikirou, since the timber itself is large yet light and have relatively few distortions after drying thoroughly. “Shimataki (Japanese Snowball)” are used for bowls, tea bowl saucers and small candy boxes, and different timbers are used depending on the work.

東道盆(デイゴ)、東道盆、菓子器

近年では「バカス」と呼ばれるサトウキビから汁を絞ったカスを細かく粉砕し接着剤のようなものと混ぜ合わせ型にはめ込み圧力をかけることで整形したものを 素材として使うこともございますが、現在私ども角萬漆器では使用しておりません。

漆自体は、現在は日本で使用される量の約3%程度しか国内で採ることができないので、輸入に頼っています。
漆とはウルシの木の樹液のことで表皮に傷をつけるとそれを保護するために液体が出てきます。これを集めたものがウルシの原料となります。
ウルシの樹液が取れるようになるまでには植えてから10年以上たってからで、一本の木からは約200グラムしか採取することができず、これはお椀でいうと10数個分にしかなりません。
下地で塗る素材には、沖縄ではウルシと「ニービ」と呼ばれる砂などを混ぜて使用していましたが、近年では合成素材を使うこともあります。

加飾に関してはそれぞれの加飾の方法によって使用するものが変わってきます。
沖縄の漆器の代表でもある「堆錦」という技法では、漆と顔料を合わせた堆錦餅と呼ばれるものを薄く延ばしてエア柄に合わせて切り取ったり切り抜いたりしたものを 貼り付けて絵付けをしていきます。

また古くから琉球漆器で使われている「螺鈿」では、以前は「夜光貝」という貝を削ったものを貼り付けて使われていましたが、これは希少で高価な材質となっているため、最近では鮑貝を利用することがほとんどとなっています。作品に応じて夜光貝を使用することもありますが、金額が 高くなってしまうので使用する頻度は低くなってきております。

沈金」や「蒔絵」「高蒔絵」などでは金箔や金粉を使用して絵付けを行います。

Privacy Policy